会社 自己破産について解説

会社の破産とは

近年の不況で破産という言葉を耳にすることがあった方も多いのではないでしょうか。個人の場合によく使われるので破産という言葉を知っている方は多いはずですが、会社が破産するとはどのようなことかご存知でしょうか。

会社の破産とは、一般的に言われる倒産の一つのケースです。会社を経営していて資金繰りがうまくいかずに支払いができなくなった場合、再建しようと奮闘します。しかし、資金状況が改善しなかったり、債権者や銀行からの債権執行などの破産手続きを選択しなければいけない状況に陥るのです。そこで破産手続きを選択した場合、裁判所に申し立てを行い、裁判所から破産管財人が選任され会社の財産について債権者に配当したり、財産を売却したりと手続きを行ってくれる方が付きます。この手続き全てが終えると、会社が消滅、つまり倒産してしまうのです。

破産手続きを選択しなければならないケースとしては、債権者が強制執行を行おうと強硬しようとする者がいる場合や、私的整理手続きを妨げる可能性のある存在がいる場合、債権者が破産申し立てを行った場合に破産手続きが始まります。どの場合も会社状況は返済や給与などの支払ができない支払い不能状態もしくは、財産よりも負債の方が多くなっている債務超過状態に陥っているはずです。また、破産を行うパターンには、会社だけの破産や、会社と代表者個人とがまとめて破産、代表者のみが破産、個人事業主だけが破産するなど複数存在します。

Copyright 2013 (c) 会社破産について解説するホームページ All Rights Reserved.